本文へスキップ


電話でのご予約・お問い合わせは

検査案内Inspection Info

PET/CT検査とは?

PET/CT ペット/シーティ と読みます。
PETとは、Positron Emission Tomography (ポジトロン・エミッション・トモグラフィ:陽電子放射断層撮影)
の略称です。

がん細胞は、ブドウ糖を多く取り込む特性があり、その性質を利用して体内のがんの有無や位置、大きさなどを調べるのがPET検査です。1回で全身を検査でき、腫瘍があった場合はその良悪性の鑑別も行うことが可能です。

近年は、PETにCTという装置を一体化させたPET/CTという装置が登場しました。PETとCTの両方で撮影した画像は、PETだけの検査よりも腫瘍の位置や大きさなどを詳しく知ることが可能になります。

下の3つの画像は、当センターのPET/CT検査で撮影された画像です。
検診を受けられた方の乳がんが写っています。
このように、PETでがんを見つけてCTで位置を特定し、両方の画像を組み合わせる(フュージョン)することで
ハッキリととらえることができます。

 
    PET画像      CT画像      PET/CT画像

PET/CT検査の特徴

一度で検査の全身をチェック!

PET/CT検査は一度の検査でほぼ全身を撮影します。
総合的な診断に威力を発揮します。

ほとんど苦痛がなく、短時間で検査終了!

検査は一度の検査でほぼ全身を撮影します。
総合的な診断に威力を発揮します。

がんの早期発見、転移、病期診断(がんの進行度)、再発の診断に有用!

現病巣の検出、転移、進行度、再発の診断について、全身を検査することができます。

認知症診断も可能!

CTやMRIでは、脳の形が変化しないと認知症の診断ができません。
ところが、PET/CTでは、脳の機能が低下した段階で診断ができるため、認知症の早期発見ができます。




Nagano PET・Diagnostic Imaging Center長野PET・画像診断センター

〒380-0928
長野県長野市若里6−6−10
TEL 026-269-0550
FAX 026-269-0555